お店からのお知らせ

ホーム

メインメニュー

会員の方はログインページへお進みいただき、ログインをどうぞ 送料・配達について お支払方法について 〜ブログ*店長の部屋〜

ブログより 〜 カラダの黒ずみ ☆ お手入れ法


〜 こちらは過去 <2013/04/14 >にブログで掲載した記事です 〜


こんにちは!
今日は肌の露出が増える日も近いことですし、
カラダの黒ずみ解消について書きますね。

黒ずみのケアはこの3つです


       
 
浴用ハーミット ↑クレンジングゼリー ↑ホワイトパールピュアN


浴用ハーミットは皮下組織に働きかけ、細胞を元気にして、
本来の姿に戻していくものです。

クレンジングゼリーは毛穴の掃除をして、新陳代謝を活発にし、
ホワイトパールピュアN(美白・鎮静用パック粉)は、
ビタミンCの美白作用とともに、
微粉末が皮膚表面にある不要なものを取り除くことで、美白に役立ちます。


 ≪ 使い方 ≫

入浴時、冷え性の方は浴槽に浸かって温まった後がいいですね。
美杏香ボディーシャンプーで体を洗う前に、マッサージします。

手の平に、浴用ハーミット適量(小さじ1杯位)を取ります。

そこに、ホワイトパールピュアNを浴用ハーミットの半分位の量加え、
軽く混ぜ合わせます。

そして、クレンジングゼリーをホワイトパールピュアNと同量位加え、
ぬるま湯やお湯を足しながら混ぜ合わせて、マッサージしていきます。

※量はあくまでも目安ですので、割合が変わっても大丈夫です。

※ホワイトパールピュアNは多めがおすすめです。

※異物排泄等の問題がなければ、毎日マッサージできます。

※肌トラブルがない場合で、全身をマッサージしますなら、
  必ずしもボディシャンプーで洗わなくてもOKです。
    浴用ハーミット等でマッサージでマッサージする日と、
    美杏香ボディーシャンプーで洗う日と交互にしてもいいですよ。


 ★ ポイント ★

ホワイトパールピュアNは微粉末ですので、
先に、浴用ハーミットとホワイトパールピュアNを混ぜてください。
その後、クレンジングゼリーを加えたほうが、粉が飛び散りにくいです。


上記の3つを使ってのマッサージが最も効果的になります。


えっ、その3つを使わないといけませんかって?


肌の状態も人それぞれですね。
浴用ハーミットだけで、黒ずみを解消できる方もいらっしゃるはずです。

また、部位にもよるでしょう。

例えば、膝や肘の黒ずみは、
浴用ハーミット少々のマッサージで十分かと思います。

実は、私、脇の黒ずみが気になっていました。
正確には、脇を閉じた時に正面から見えるところです。

入浴時、クレンジングゼリーにホワイトパールピュアNを混ぜて
使っていますので、手に残ったものを腋にも伸ばしています。
ただ、浴槽に浸かるために、すぐに洗い流してしまいますが。

浴用ハーミット・ホワイトパールピュアN・クレンジングゼリーでの
マッサージはたまにしかできないのですが、
それでも、お風呂上りに白くなっているのが分かります。

今はさほど気にならない程度になりました。

やはり、浴用ハーミットは必要ですね。

ほんとうは、日頃から習慣にしておくといいのですよね。
ですが、お風呂でやることも結構ありますし、
バタバタ入浴して、早く寝なくちゃ、とも思いますものね〜(笑)

そういう私自身、なんだかんだで、
浴用ハーミットのマッサージをしない日のほうが
増えて数年経ってしまいました。
ちゃんとやっておけば、脇の黒ずみはなかったかも(^-^;

黒ずみは、肌トラブルを除けば、
衣服などで日常的に擦れることによって、できますよね。
浴用ハーミット(+ホワイトパールピュアNやクレンジングゼリー)
のマッサージを2週間〜10日でもいいですから、
定期的に続けるといいですね。

もちろん、毎日でもOKですよ。
ただし、気を付けていただきたいのは、異物排泄(デトックス)です。

中には、浴用ハーミットを使うことで、
皮膚から赤みや湿疹といった形で異物排泄する場合もあります。
要らないものを出していますので、出しただけ健康に近づきますが、
できるだけ目立たなくしていきたい場合は、間を空けたほうがいいですよ。


★ ポイント * 透明テープ ★

カラダの黒ずみといっても、色々ありますけれども、
時には、透明テープを使ったほうが改善の早道になることがあります。
(※ 体の場合は、梱包用の5センチ幅透明テープが使いやすいです)



テープを使うことは、その部分の新陳代謝を良くすることでもあります。

部分的な体の色素沈着や顔にできたニキビ跡の色素沈着にしても、
何も浮いてないようであっても、テープを「適度に」使っていくことは、
改善を早めることになるのですよ。

例えば、膝小僧をお手入れしているうちに、
手触りがザラザラしてきて、見ると白くカサついているといった時は、
透明テープでペタペタと取り除くといいですね。

テープで取り除くときれいになりますし、
その後、保湿しておくとバッチリです。

ただし、場所によっては、注意と加減が必要です。
例えば、腋の下やお腹、首といった皮膚が薄く、柔らかいところ。

テープすることで、下にある異物を引き出すことになる場合があります。
浴用ハーミットと同様に、
異物排泄を促さない、出しすぎを防ぐためには、
毎日ではなく、一週間に一度くらいの割合で
テープを使ってみてくださいね。(*^^*)


☆前のページに戻る時は、ブラウザのほうで戻って下さい。
 

カスタマーレビュー

商品検索

検索フォーム

※キーワードを入れてください。
※機種依存文字は入力できません。
商品詳細検索へ

ショッピングカート

0点の商品が、
ショッピングカートに入っています。

カートを見る 会計
20197
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
20198
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
 今日    定休日    イベント